全国から良質なきもの・帯を現金で仕入れ、
春と秋に呉服の祭典として年二回開催しております。
是非、お気軽にお問合せ下さい。

ようこそ! 着物の展示会 | 御福まつかわやの大呉服祭特設サイト 2020年10月24日(土) 10:23 JST

【新商品情報】 最高級の贅沢キモノ無形文化財本場結城紬 100飛亀甲が入荷

  • 2020年9月24日(木) 18:04 JST
  • 投稿者:

本日ご紹介する新商品は着物の王様と呼ばれる本場結城紬でございます。
重要無形文化財指定の本場結城紬は2010年にはユネスコ無形文化遺産にも登録されたまさに日本を代表する織物です。

そして、今回は入荷したのは手織り地機で織り上げた100飛び亀甲の総柄になります。
100亀甲の飛び柄はありますが、総柄となると凄い手間隙が掛かりますので、なかなか手に入れることが難しい逸品です。

日本最古の織物とも言われる重要無形文化財の本場結城紬は「手紡ぎの絹糸の使用」「手括りの絣」「居座機(地機)」で
織り上げるという3つの要件を満たしたものとなります。

本場結城紬は最高峰の技術で織り上げられた織物であり、その絹地はとても強く着れば着るほど体に馴染んでくる
風合いに変化していきます。

優しい風合いの本場結城紬の特徴は真綿から手でつむぎだす糸にあります。
真綿は蚕の繭を煮て柔らかくして広げたもので空気をたくさん含むために温かく心地良く優しい素材になります。

色目は渋く落ち着きのあるグレー地にデザインは格子の総柄で織り上げられた飽きのこない柄ゆきに織り上がりました。
すっきりとした洒落感のお着物ですので、色々な帯でコーデして楽しんで頂けると思います。
風合いはもちろん生地質も強いので長年お召し頂けるお着物となりますので母から娘へ代々受け継いでもらえれば嬉しいです。

本日ご紹介した本場結城紬は「まつかわや大呉服祭」でご覧いただける予定です。
実際に手に取って頂ければ嬉しいです。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

まつかわや特価:748,000円(税込)

2020年錦秋大呉服祭申し込みはこちら