全国から良質なきもの・帯を現金で仕入れ、
春と秋に呉服の祭典として年二回開催しております。
是非、お気軽にお問合せ下さい。

LINEで
イベント申込み
電話で
イベント申込み
メールで
イベント申込み

ようこそ! 御福まつかわやの大呉服祭特設サイト 2024年6月25日(火) 03:51 JST

【2023年 秋 新作情報】人気ブランド「しょうざん」幻の技法、一珍染めの最高級クラスの訪問着が入荷

  • 2023年10月 1日(日) 16:55 JST
  • 投稿者:

10月に開催する「錦秋大呉服祭」のために仕入れしてきた新作着物をご紹介させて頂きます。
さて、今回は着物通な方からもとても人気の高く、よくメディアなどでも取り上げられることが多い「生紬しょうざん」
ブランドの最高級クラスの訪問着が入荷しました。


しょうざんは京都にある70年以上続くメーカーで古典の美しい柄ゆきから他にはないような奇抜な柄ゆきのものまで
様々なデザインの着物創作をされています。

しょうざんと言えば「生紬」という生地になるのですが、これは玉繭という二匹以上の蚕から作られた繭の糸で
織り上げたものに素朴な風合いがあり着たときも独特なハリ感があって着心地がよく、仕立て方も袷はもちろん単衣にも向いてますよ。


そして、この着物のもう一つの特徴としては一珍染という技法が使われています。

この一珍染めは桃山時代の染色技法のひとつだったのですが昭和時代に一度消滅してしまいました。
それから近年になってその独特な染め技法が再注目されて、もう一度職人たちが復活させた技法です。

非常に高度な技術で一珍染めによってひび割れたような独特なデザインに仕上がります。

一珍染という技法はとても難しくまた染め方もムラがないようにしないといけないので非常に手間暇と職人の技術が必要となります。
今回の訪問着もふんだんに一珍染を技法が使われていて、大胆な柄つけによって迫力のある仕上がりになりました。
影絵のような描き方で個性的なお洒落感を楽しんで頂ける贅沢なお着物と思います。

一珍染めの着物によっては一年以上の時間が掛かることもあるそうです。
しょうざんの最高クラスの一珍染訪問着を是非、実際に纏ってみて下さいませ。

10月開催の呉服祭のためにお安く仕入れすることが出来ました。
もし気になる方はお気軽にお問合せしてみてください。

こちらのしょうざん訪問着は「錦秋大呉服祭」でご覧頂ける予定です。
呉服祭は只今、申込受付中!どなたでもご来場可能ですので、興味のある方はお気軽にお申込み下さいませ。

錦秋大呉服祭の詳細はこちら