全国から良質なきもの・帯を現金で仕入れ、
春と秋に呉服の祭典として年二回開催しております。
是非、お気軽にお問合せ下さい。

ようこそ! 着物の展示会 | 御福まつかわやの大呉服祭特設サイト 2022年7月 4日(月) 16:01 JST

きもの入荷情報

【2022年新作きもの】思わず見てしまう可愛さで映える帯屋捨松の八寸帯が入荷

  • 2022年3月 7日(月) 17:46 JST
  • 投稿者:

本日ご紹介させて頂くのは帯屋捨松が織り上げた色合いもデザインも可愛い八寸帯になります。
こちらのお品も感謝呉服祭で実際にご覧いただけますので、お気軽に呉服祭にお申込み下さいませ。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

人気ブランドでもある帯屋捨松は創業160年という老舗であり、オリジナルなデザインセンスでお洒落な帯を作り続けております。
今回の八寸帯も可愛い印象を与えてくれる素敵な帯に仕上がりました。

なんといっても、まず目がいくのはこの鮮やかなイエローの地色ではないでしょうか。
柄ゆきも色彩豊かな色使いで唐花模様がデザインされたオシャレで可愛らしさの際立つ帯となります。

こうゆう色合いの帯はちょっと珍しいので着物好きのお洒落な女性にコーディネートして頂きたいですね。
また違った着物コーデをお楽しみ頂けると思いますよ。

本日ご紹介した帯屋捨松八寸帯は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】可愛くモダンな九寸名古屋帯が多数入荷!

  • 2022年3月 7日(月) 16:55 JST
  • 投稿者:

今までに紹介した「鹿子井山田」や「山田織物」「鷹匠謹製」の他にも、可愛くモダンな九寸名古屋帯をいくつか入手しております。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら



どれもフワッとした織の生地感や風合いが肌で感じることができ、さらに柄行にも拘りました。
まずは、「七宝に花菱」の柄取り、地色はブルーの明暗でハッキリ色分けした爽やかな帯。
白の地色に唐草といったシンプルなデザインの重宝には間違いない帯でしょう。
どちらも着物に合わせやすく綺麗に魅せてくれることまちがいありません。


地色が白基調のモダンな柄の九寸帯もご用意しております。
個性的なデザインですので、お洒落好きや他とは違う帯を締めたい女性におススメします。

続いては、独自の「世界観」がはっきりと感じられる我の強い帯が登場です。
大変面白い仕上がりになっており、どちらも黒地を基調にモダンな花植物がデザインされております。
色使いも華麗に魅せてくれ、締めるだけで自信を持っていただけるような逸品でございます。

九寸帯は袋帯よりも簡単に締めることができ、素材や柄などで格式のあるものなら色無地や付け下げなど
準略式のお着物にもお使い頂けるとても重宝な帯といえます。
この機会にいかがでしょうか。

本日ご紹介した九寸帯は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】渋めの色合い、大人女性に着こなしてもらいたいお洒落小紋が入荷

  • 2022年3月 7日(月) 14:02 JST
  • 投稿者:

感謝呉服祭のために仕入れしてきましたお洒落小紋をご紹介させて頂きます。
呉服祭では他にもお洒落着物を取り揃えておりますので、興味のある方はお気軽に呉服祭にお申込み下さいませ。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

こちらの小紋は渋めの紫色をベースにモダンなタッチで蔦模様が描かれた一枚になります。
色合いが落ち着いており、またデザインも切り絵のような雰囲気を漂わせていて、大人の女性にお洒落に
着こなして頂けるお着物ではないでしょうか。

生地もしっとりとした丹後ちりめんを使っており、うっすらと横縞が浮き上がるような地模様が入っております。
蔦模様の柄が少し大きい感じですので、お着物はもちろんですが羽織にされても素敵と思います。

本日ご紹介した正絹小紋は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】色で映える!個性的なお洒落デザイン、帯屋捨松の八寸帯が入荷

  • 2022年3月 5日(土) 14:40 JST
  • 投稿者:

冴えるような青、モダンなデザイン、人気ブランド「帯屋捨松」が創作した八寸帯が入荷いたしました。
入荷したばかりのお品ですので感謝呉服祭で初お披露目させて頂きます。
実際にご覧になりたい方はお気軽に呉服祭にお申込み下さいませ。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

帯屋捨松は創業160年という老舗であり、その丁寧な物創りと独自のデザインセンスで着物通の方からも
とても人気の高い織元になります。
今回の帯は目を惹くような色彩が際立つモダンで可愛い雰囲気に仕上がりました。

ちょっと珍しい鮮やかな青色を地色にして独特な唐草文様が色とりどりに表現された個性的な洒落帯になります。
捨松らしさのある他では見ないような「映える」帯になりますので、また違った着物コーデをお楽しみ頂けますよ。

今回の仕入れでは捨松さんのオシャレ帯が4タイプ入荷しております。
どれも個性的でかわいいデザインですので、是非お洒落な着物女子にコーデしてもらえれば嬉しいです!

本日ご紹介した帯屋捨松八寸帯は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】涼しげなカラー、すっきりお洒落な丹後ちりめん小紋が入荷

  • 2022年3月 5日(土) 11:08 JST
  • 投稿者:

本日も新しく入荷してきましたお着物をご紹介させて頂きます。
感謝呉服祭ではお洒落なカジュアル着物を豊富に揃えておりますので、お着物好きな方は是非見にいらして下さいませ。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

こちらのお着物はしっとりとした肌心地の良い丹後ちりめん生地を使った小紋になります。
白とグレー、青色の3色をベースに大小の格子柄が描かれた幾何学的なデザインに仕上がりになりました。
また遠くから見ると色の染め分けによっても大きな格子が描かれているように見えるので羽織として着てみても素敵と思います。

すっきとした色合いで描かれた小紋ですので、これから春の時期に着られても涼しげで良いと思いますよ。
お洒落好きな着物女子におススメしたい一枚です。

本日ご紹介した正絹小紋は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】すっきりモダンに美しく、上質な丹後ちりめんのオシャレ小紋が入荷

  • 2022年3月 4日(金) 18:07 JST
  • 投稿者:

感謝呉服祭まであと1週間ほどになりました!
久しぶりの会場開催となりますので、いつも以上に仕入れも頑張りました。
只今、呉服祭申し込み受付中ですので、お着物に興味のある方は是非見にいらして下さいませ。

さて、今回ご紹介させて頂くのはすっきりとした印象を与えてくれるお洒落小紋が入荷いたしました。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

柄ゆきはホワイトグレーのほんわりとした地色にモノトーンカラーで描かれた唐草模様の総柄になります。
とてもシンプルな色合いですので、柄のモダンな雰囲気もありつつすっきりとした綺麗な着物姿を
お楽しみ頂けると思います。

絹地はしなやかなさのある上質な丹後ちりめんを使っており、少し凹凸のある地紋が入っております。
あまり年齢を感じさせない柄ゆきですので、帯コーデでいつまで着て頂けるカジュアル着物ですよ。

本日ご紹介した正絹小紋は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】鹿子井山田ならではの世界観をお楽しみ下さい。

  • 2022年3月 4日(金) 17:59 JST
  • 投稿者:

今回は、現代に溶け込み、おでかけが楽しくなるモダンな九寸名古屋帯をご紹介いたします。
その名は人気機屋の鹿子井山田でございます。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

西陣の老舗織屋であり、お着物好きから不動の人気を誇る名門「鹿子井山田」の最高級の袋帯は、
近代織物を学んだ山田九蔵によって興された鹿子井山田は、明治39年創業の老舗機屋さんです。
その敷地内には、京の名水に数えられる「鹿子井」がございます。



モダンな古代鳥のような好奇心が擽られる、可愛くもあり、
さらに鹿子井山田らしいお色使いが雰囲気たっぷりで洒落感あふれる逸品です。

続いては、白色の帯地に波文様といった大変シンプルな構図ではございますが、
波と云った伝統的なお柄なだけあり、創作性が素晴らしいと思えるほど大変魅力的な仕上がりになっております。

10月~翌年5月の袷頃のシーズンにお勧めいたします。
カジュアルシーンの装いにいかがでしょうか。
現代シーンに溶け込む鹿子井の世界観をお楽しみください。

本日ご紹介した鹿子井山田 九寸帯は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】京都の人気ブランド「帯屋捨松」可愛いカラーで映えるオシャレ八寸帯

  • 2022年3月 4日(金) 15:03 JST
  • 投稿者:

京都の人気ブランド「帯屋捨松」の可愛い八寸帯が入荷いたしました。
感謝呉服祭では他にも色々なお洒落着物を取り揃えておりますので着物好き女子は是非、見にいらして下さいませ。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

こちらの帯を創作した「帯屋捨松」は創業160年も続いている老舗メーカーでもあり、ここだけのオリジナルな
デザインセンスで作られる品々はどれも可愛くお洒落でとても人気があるブランドです。

今回の八寸帯も個性的な雰囲気がある仕上がりになりました。
真っ黒な地色に映えるように鮮やかな多色を使って表現されたモダンチックな蝶々模様。
特にコントラストのある色の使い方におもしろさがあり、目を惹くようなお洒落感を際立たせてくれています。

帯自体がとても印象的なので合わせるお着物は無地系や幾何学的な柄ゆきでも素敵にコーデできると思いますよ。
オシャレ好きな着物女子に楽しんで頂きたいおススメしたい一本です!

本日ご紹介した帯屋捨松八寸帯は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】ハイクラスの正統派フォーマル 特選「吉澤友禅」色留袖

  • 2022年3月 3日(木) 18:36 JST
  • 投稿者:



十日町を代表する有名ブランド「吉澤友禅」が創作した心奪われるような迫力と美しさが感じられる
特選色留袖になります。
「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

「吉澤友禅」は染織の産地としても有名な十日町の中でも最高峰の染め技術とセンスの良いデザインや
色彩感覚で素敵な着物を創り続けている染匠となります。
その歴史も大変古く、江戸時代「宝暦年間」より、代々織物に携わってきた家柄、
織物を祖業としながらも、高度な友禅技法の導入に成功し、以後本格古典を追求しながら
「友禅と織物」の両方を創作できる技術力を誇ります。

本当に細部まで丁寧に表現されており、高い技術を集結して創作したことが分かって頂けると思います。
また染めの美しさだけではなく金彩加工もほどこされていて着姿に豪華さを与えてくれ、
大人の女性に相応しい仕上がりになっております。

上品に存在感を感じさせる気姿になることは間違いありません。
格調の高いフォーマルシーンに、「心に残る一枚を」と選んでいただきたく思います。
しっとりと落ち着いた、大人の女性らしい佇まいを是非・・・


本日ご紹介した吉澤友禅特選色留袖は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

【2022年新作きもの】誰もが憧れる贅沢きもの、重要無形文化財指定のモダンな本場結城紬が入荷

  • 2022年3月 3日(木) 18:26 JST
  • 投稿者:

今回ご紹介させて頂くのは感謝呉服祭の注目商品の一つでもある「無形文化財本場結城紬」になります。
創作したのは結城紬の老舗でもある奥順ブランドで着物の王様とも言われるほどの最高級の織着物です。
こちらの結城紬も感謝呉服祭で実際にご覧いただけますので、是非見にいらして下さいませ。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

本場結城紬はお着物好きな方なら一度は名前を聞いたことのある織物ではないでしょうか。。
誰もが一枚は欲しいと思ってしまう、贅沢着物の極みといっても過言ではないと思います。
重要無形文化財指定、そして2010年にはユネスコ無形文化遺産にも登録された正真正銘、日本を代表する織物ですよ。

日本最古の織物とも言われる本場結城紬は「手紡ぎの絹糸の使用」「手括りの絣」「居座機(地機)」という工程を
全て手作業によって行い、手間と時間を掛けて織り上がったものだけが重要無形文化財指定の条件を満たします。

最高峰の技術で織り上げられた結城紬は温かみのある風合いが特徴で、また織地もしっかりしているので着れば着るほど
体に馴染んできて自分だけの着心地を楽しんで頂けます。

今回の柄ゆきは茶色とベージュの2色で織られていて、そこに細かい亀甲によって渦巻が表現されたモダンな仕上がりとなりました。
本場結城紬の中でもあまり見ないようなお洒落感が際立つデザインですので、これから着るのが楽しみになる一枚になると思います。
大切にずっと着て頂ける最高級の織着物ですので、母から娘へ受け継がれていってもらえれば嬉しいです。

本日ご紹介した重要無形文化財指定 本場結城紬は「2022年 感謝呉服祭」にてご覧いただける予定です。
呉服祭だけの特別価格となりますので興味のある方はお気軽にご連絡して下さい。

「3月11日~13日開催 2022年 感謝呉服祭」詳細はこちら

ページナビゲーション