全国から良質なきもの・帯を現金で仕入れ、
春と秋に呉服の祭典として年二回開催しております。
是非、お気軽にお問合せ下さい。

ようこそ! 着物の展示会 | 御福まつかわやの大呉服祭特設サイト 2021年3月 2日(火) 19:22 JST

トータルカテゴリ

【新入荷キモノ情報】米沢織「雅」無地地紋の上質な御召反

  • 2021年3月 2日(火) 15:42 JST
  • 投稿者:

本日ご紹介するのは男性でも十分にお仕立てできるキングサイズの米沢御召でございます。
上質な絹地に地色は落ち着きのある綺麗な紺色、そして縞柄が地紋によって表現されているシンプルなお着物です。
無地のお着物は飽きることなく長年、楽しんで頂けると思います。

御召独特の絹の光沢感も存分に感じられるので、上品で落ち着きのある着姿をお楽しみ下さい。
着物にされても羽織にされても素敵にお召し頂けますよ。

​​​

本日ご紹介した米沢織御召は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】名匠「入来玄彩」藍染の本場大島紬が入荷

  • 2021年2月28日(日) 12:46 JST
  • 投稿者:

本日ご紹介させて頂く新商品は大島紬の名匠「入来玄彩」ブランドの本場大島紬です。
大島紬好きな方にも人気が高い入来玄彩は、本場大島紬の製作に用いる絣糸の本数を多くするという
高度な技術を使うことで、素晴らしい着物を作り上げています。

 

本場大島紬の良さはしなやかなで滑りのよい生地感と絹の光沢感によって着物姿に高級感と美しさを与えてくれます。
そして、こちらの大島紬は「古代染色純植物染」の証紙がついており、天然の草木染めで仕上がたお品です。

​​​

染料は昔から愛されている「藍」で染め上げられており、独特の深みのある自然な色合いが美しく表現されています。
デザインは縦横糸で表現された花柄で細かい絣によって浮かび上がるような立体感があります。
大島紬の中でもハイクラスの逸品ですので見るものを魅了する存在感が漂いますよ。

本日ご紹介した本場大島紬は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】渋めの紺色で織り上げられた紬反が入荷

  • 2021年2月26日(金) 17:01 JST
  • 投稿者:

本日は新商品の広幅の紬反をご紹介させて頂きます。
ざっくりとした生地質になっており色目は深みのある渋めの濃紺に織り上がりました。
生地巾がありますので男性の方でも十分、お仕立てできるお品となっております。

生地全体に節があり紬の風合いを楽しんで頂けますよ。
絹地は結構、透け感のある感じになっておりますので単衣でお仕立てして頂いても良いと思いますよ。

​​​

本日ご紹介した広幅紬反は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】有名ブランド「内と良」創作の気品の漂う京友禅黒留袖

  • 2021年2月25日(木) 11:12 JST
  • 投稿者:

本日も新しく仕入れしてきました美しい黒留袖をご紹介させて頂きます。
こちらは京都の有名ブランド「内と良」が創作した手描京友禅の格式ある黒留袖になります。
京都の老舗である内と良は大正11年創業で手描き友禅にこわだりを持ち、常に品質の高いお着物を
創作し続けている染匠です。

今回の黒留袖は漆黒の美しい地色にデザインは流れるような熨斗柄に吉祥紋や装花紋などが描かれた
気品の漂う一枚に仕上がりました。
細かく繊細な柄ゆきと上品な色彩は祝いの席にふさわしい黒留袖となります。


染めの美しさはもちろんですが京友禅の魅力である丁寧な金彩や金駒刺繍によって、より高貴な雰囲気を
引き立ててくれています。
実際に羽織ってみて美しい着姿の雰囲気を感じて頂ければ幸いです。


本日ご紹介した「内と良」京友禅黒留袖は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】京友禅の魅力が際立つ黒留袖が入荷

  • 2021年2月24日(水) 14:11 JST
  • 投稿者:

本日は新しく入荷してきました京友禅の黒留袖をご紹介いたします。
こちらは京都 丸昭さんが手掛けた黒留袖らしい格式と縁起の良い柄ゆきに仕上がった一枚です。

少し落ち着かせた色合いによって几帳柄に七宝や亀甲紋などが色彩豊かに表現されたデザインになります。
唐草文様がバランスよく描かれていて格式高い古典柄ですが、どこかオシャレな雰囲気も感じさせてくれます。


京友禅の美しさが際立つような金駒刺繍に金彩、疋田染めなどの加工が施された上品な華やかさがある黒留袖ですよ。
門出を飾るにふさわしい一枚をどうぞ、ご覧下さいませ。


本日ご紹介した京都「丸昭」京友禅黒留袖は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】窪田織物の渋カッコ良い本場大島紬が入荷

  • 2021年2月23日(火) 13:36 JST
  • 投稿者:

今回の仕入れでは久しぶりに本場大島紬が豊富に取り揃いました!
ということで本日も新しく入荷してきました本場大島紬をご紹介させて頂きます。
こちらは鹿児島で織り上げた旗印証紙の本場大島紬で織元は今まで数々の受賞を受けられてきた「窪田織物」です。

本場大島紬の特徴と言えば独特な生地感と思います。
しなやかなで滑りのよい風合いと綺麗な絹の光沢感が着姿に高級感と美しさを与えてくれます。
日本を代表する織物としても有名でいつかは着てみたい憧れの着物として知られていると思います。

​​​

今回の本場大島紬は渋い色合いとカッコ良さが漂う雰囲気に仕上がりました。
デザインは昔から伝わる七宝柄で深みのある紺色から淡色にグラデーションが掛かっております。
色合いのトーンを落ち着かせた柄ゆきですので長年、楽しんで頂けるお着物と思いますよ。

本日ご紹介した本場大島紬は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】本場大島紬「枡屋儀兵衛」ブランドのオシャレな着物

  • 2021年2月22日(月) 14:39 JST
  • 投稿者:

本日も新しく入荷してきました本場大島紬をご紹介させて頂きます。
「枡屋儀兵衛」という有名な織元でお洒落に着物を楽しんで頂けるように常に新しい感覚に触れて素敵なデザインの
お着物を創作するブランドになります。
歴史も古く江戸時代に京都の呉服商として創業した後、大島紬のメーカーへと転身して現在に至ります。

本場大島紬は奄美大島で生まれた絹織物で日本三大紬の一つとも言われており数ある織物の中でも最高ランクのお着物。
独特な生地の風合いがサラリと滑らかで、それでいて程よくハリ感があり身体に寄り添うような着心地が魅力です。

​​​

枡屋儀兵衛は伝統的な技法を駆使しつつも第一にお洒落に着こなせることを考えてデザインされております。
今回の大島紬は鮮やかなレッド、パープル系のボーダー柄となっており、個性的な印象がある仕上がりになりました。


本日ご紹介した本場白大島紬は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】窪田織物が織り上げた天然染めの本場白大島紬

  • 2021年2月20日(土) 11:21 JST
  • 投稿者:

本日は新しく入荷してきました新商品をご紹介させて頂きます。
こちらは鹿児島で織り上げた旗印証紙の泥染め天然草木染め本場大島紬になります。
織元は今まで数々の受賞を受けられてきた大島紬の織元の中でもとても有名な「窪田織物」となります。

本場大島紬は独特な質感があり、しなやかなで滑りのよい風合いが魅力的です。
しかも今回は白大島となりますので柄ゆきも涼しげな雰囲気がありますので、これから春に向けて
着て頂いても素敵と思いますよ。

​​​

この白大島紬は「古代染色純植物染」の証紙がついており染料は天然草木の「ウギ」という植物で
染められております。

柄ゆきは優しいグリーンの色合いで縞と幾何学的なオシャレなデザインになっており、自然な色合いの
美しさが際立ちます。

本場大島紬ならではの絹光沢は着姿に美しさと高級感を与えてくれますよ。
憧れの白大島紬ですので、いつかは着てみたいお着物の一つですね。

本日ご紹介した本場白大島紬は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】十日町の有名ブランド「島善」の粋な雰囲気が漂う黒留袖

  • 2021年2月19日(金) 11:43 JST
  • 投稿者:

本日も新しく入荷してきました黒留袖をご紹介させて頂きます。
染め上げたのは新潟十日町の「島善」という有名ブランドでデザインは十日町の作家さんが手掛けたものになります。

「島善」さんは創業100年以上も続く老舗であり、常に新しい感覚を取り入れながら手描友禅の作品を創作し続けており、
染めの美しさや高度な技術によって魅力的な着物を生み出す着物業界の中でも一目置かれた存在です。

今回は深みのある黒地にモダンなタッチで松や梅、裾には波模様が描かれた仕上がりになっております。
色のトーンを抑えた落ち着きのある雰囲気となっており、また波の部分は全て金彩で表現されていて全体的に
粋なカッコ良さが感じられる独特な柄ゆきです。


黒留袖は第一礼装のお着物となりますので一般的には色鮮やかで金彩などが際立つ古典柄が多い印象ですが、
今回のお着物は上品でモダンな雰囲気がある黒留袖になっておりますので少し変わった雰囲気で着たいという方に
オススメしたい一枚ですね。


本日ご紹介した十日町ブランド「島善」黒留袖は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

【新入荷キモノ情報】初代「松井青々」のお子息「松井佚鴦」の特選黒留袖

  • 2021年2月18日(木) 12:57 JST
  • 投稿者:

本日ご紹介させて頂く新商品は「松井佚鴦」が創作されたとても色彩が美しい黒留袖になります。

日本最高峰の着物作家「松井青々」先生の五男にあたるのが「松井佚鴦」氏となり、現在の二代目 松井青々氏の
弟さんとなります。
初代から受け継がれる技術を大切に継承された松井佚鴦氏の作品はやはり「青々」ブランドの雰囲気があり
京友禅の美しさを感じさせてくれます。

深く落ち着きのある漆黒地に色彩豊かに描かれた古典の柄ゆきが美しく表現されており見るものを
魅了するほどの存在感があります。
色合いの美しさだけではなく金彩や刺繍などの加工も施されており、京友禅らしい華やかなさも
感じて頂けると思います。


松井佚鴦氏のセンスの中にも「松井青々」らしさを感じさせてくれる独特な色合いとデザインが印象に残る黒留袖。
他のお着物には出せない松井佚鴦氏ならでは魅力が詰まった黒留袖を是非、実際にご覧頂きたいです。


本日ご紹介した「松井佚鴦」京友禅 黒留袖は「きもの春フェスタ」でご覧いただける予定です。
もちろん、お値段も呉服祭特価で販売いたしますので喜んで頂けると思います。

2021年きもの春フェスタ 申し込みはこちら

ページナビゲーション